サッカーコーチの専門学校!?

この記事は3分で読めます

こんにちは!

サッカーコーチを19歳ではじめたものの
自身の技術や知識などに物足りなさを感じて
サッカーコーチの専門学校に行きはじめました!
東京の専門学校だったので初の一人暮らし
生活費のために飲食店でバイトをしながら学校に行きました^ ^

一人暮らしのお部屋はこんな感じ!

ロフト付きで丁度いい広さだったので気に入ってました。
基本的に平日の朝から午後までは学校での授業!
授業とは言っても座学よりはグラウンドでの実技がほとんどでした。
サッカーの戦術やメニューの組み立て
指導の仕方などなどサッカー漬けの毎日が凄く楽しかったです。
そして、とにかくたくさん指導の現場に立ちたかったので、
・学校に紹介してもらった実習先
・GKスクール
・学校内部のサッカースクール
でも学ばせて頂きました。
学校に紹介してもらった実習先では本当にすごい方々の中で学ばせて頂きました。
スクール名や実名は伏せさせて頂きますが、
なでしこジャパン🇯🇵のレジェンドと言いますか
今尚ご活躍中の素晴らしい指導者の方々のもとで一から学ばせてもらいました。
サッカーの技術もあまりなく、周りに気を使う事すらも出来ていなかったダメダメの私を卒業までの1年半様々な面で指導して下さりました。
あまりにもダメダメすぎて1年の時の成績は単位を落とすギリギリの評価でしたガーンガーンガーン
そうそうたるメンバーだったので毎回緊張でお腹が痛くなっていたのが懐かしいです笑い泣き
写真を載せたいのですが色々問題があったらいけないので控えておきますね…笑
GKスクールは自分で探してお願いしました。
小学生が対象のスクールだったのですが、今まできちんとGKトレーニングを受けた事が無かったので凄く新鮮な環境でした!!
GKの指導がしたいと思っていた私にとって唯一GK指導を学べる場所だったので毎週楽しみだったのを覚えてますおねがい
学校内部のサッカースクールでは、生徒が主体になって運営を行っていました。
指導はもちろん、集客やイベントの開催など担当の先生からのサポートを受けながら運営をしました。
他の生徒が休みの毎週土曜日に活動していたのですが、私の中では1週間の中で1番楽しい学校の日でした爆笑
メニューや指導の仕方、使うワードなどを話し合ったり、時には言い合いになることもありましたが朝から夜までずっと楽しかったですね!
その他にも学校では、テーピングや応急処置などを学びました。
この学校に来て英語を活かす機会があった事も自分にとっては嬉しかったです。
オランダサッカー協会の指導者資格を取る際にオランダ人指導者の方が来てくださったのですが、この時に直接コミュニケーションを取れたのは自分のためになったと思います。

また、国内研修の際

ドルトムントで指導されていた指導者の方の講義と指導実践の通訳をした事もかなりいい経験になりました。
あとは、自己満足に過ぎないんですが…
海外で指導をしてみたいという思いもあったため
授業のノートを日本語と英語で書いていましたw
正しい英語かどうかは置いといてとにかく英語を忘れないためにそんな事もしてました口笛
そして、専門学校2年生の春
ぼちぼち就職を考えないと行けない時期に…
私は日本で就職というより一度海外に出てみたいと考えていました。
そこで、たまたま求人を見つけたのがタイ🇹🇭にある「バンコクサッカースクール」でした!
なんで、タイ!?
よく聞かれるのですがタイを選んだ理由はたまたま求人を見つけたから!笑
正直、自分が求めている環境があれば良いと思ってました。タイには一度も行った事がなかったのですがなぜか迷いなく決断出来ました。
スクールとコンタクトを取って約2週間
面接のような堅苦しいものではありませんでしたが採用を見極めてもらい無事採用決定!
在学中の2年の10月から働き始めました。
10月から卒業までは実習という形でレポートを作成
日本サッカー協会公認指導者C級
オランダサッカー協会公認指導者アドバンス
(他にも諸々あったような気がします…)
の資格を取って無事専門学校を卒業しました。
この2年間はサッカーだけでなく自分の趣味にも没頭できた貴重な時間でした。
また、当時一緒に勉強した仲間との繋がりも大切にしたいと思っています。
この学校からの出会いが今に結びついてると思うと本当に不思議な縁だなぁと感じます。
その話はまた今度!!
それでは!

GKなのに何故かフィールドをやりたがった写真w

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。